クルー・メンバー
(crew member) 

 

皆さんと一緒に臨床という大海原に挑戦している、アスキャンのクルーメンバーをご紹介します。日本が誇るの世界最高の冒険ファンタジー、One pieceのような、冒険好きで、遊び心があって、仲間想いの、個性豊かなメンバーが揃っています。

代表:

中島大輔(なかしまだいすけ)

理学療法士

<ストーリー>

2018年に大学を卒業後、
回復期リハビリテーション病院で臨床を学ぶ。

新人時代は誰よりも出来が悪く、
上司にたくさんの迷惑をかけるが、
「この中で自分が絶対に1番成果を出す。やれば必ず上に行ける。」
こんな想いでセラピストとしてのキャリアを重ねる。

その中で、
自分の価値をもっと多くの方に提供したい。
リハビリテーション業界をさらに発展させたい。
という想いが募り、現在はセラピストの教育に力を注いでいる。


<メッセージ>

今、

「私はできない。」
「伸び悩んでいる。」
「私には向いていないかも。」

こんな気持ちで
毎日の仕事に取り組んでいる方へ。

約束します。

あなたならできます。

できない自分を認識出来ているあなたは

伸び代の塊です。

あなたの成長のサポートに全力を注ぎます。
成長する楽しさを共に感じていきましょう。

楽しいセミナーを準備して
お待ちしております。

副代表:

赤嶺魁(あかみねほくと)

理学療法士

〈ストーリー〉

1996年 千葉県生まれる。
兄の影響で野球を始める。
身を削るような練習量で腰椎分離症になり、リハビリを受けたことをきっかけに理学療法士を志す。

2019年 理学療法士免許取得
急性期内科病棟にて内部障害系理学療法に関わる。
2022年 大学院入学(在学中)

セラピストの在り方について考えた末、セラピストの社会貢献を応援すべく、リハビリテーション教育に尽力し始める。

〈メッセージ〉

これは私が好きな言葉です

「Why do we fall?」
「So we can learn to pick ourselves up. 」

「なぜ、人は落ちるのか?」
「這い上がるためだ。」

私が好きな映画(バットマンビギンズ)からの引用です。

失敗しても、また学べばいい。
成功するまで続ければ、それは失敗ではないのだから。
私たちは、皆様に仲間とともに、何でもチャレンジできる場所を提供します。

副代表:

前田晋作(まえだしんさく)

鍼灸師・柔道整復師

<ストーリー>

中学・高校と柔道に打ち込みそのままの流れで柔道整復師に
専門学校在学中に学校の先生から現場に出たら、
『毎日カパンジーを読め』と言葉を頂き、
仕事終わりに真面目に毎日開くも
3分で爆睡。その後、努力の末10分までその時間は延長されるが
カパンジーは当時の私には何も語りかけてこず、挫折。

その後一切の勉強は捨て、自分の感覚で勝負するもすぐに行き詰まり、このまま続けていても楽しくないし、自分にはこの職業は向いてないのかな。
いっそ柔道整復師は辞めて、ハンバーガー職人になろうと思った時に一人のセラピストに出会い、再び仕事への情熱を取り戻す。

<メッセージ>

私は文字を読むのが得意ではなく勉強は挫折しましたが、そんな人にこそ、今の時代はWEBや動画で勉強しやすくなっていると思います。

私のように勉強を挫折する事なく、スタートしてもらえるよう
わかりやすく、そして学んだ内容を明日から現場で使え、

臨床ってこんなに楽しいんだ!


と思ってもらえるような内容で、皆さんをお待ちしております。

臨床という果てしなく続く大海原へ一緒に出航しましょう!!

アスキャンというコンパスを片手に

YES US CAN!


会長:

片岡哲也(かたおかてつや)

理学療法士
 一般社団法人セラピストフォーライフ会長 



<ストーリー>

10代は極度の対人恐怖症で、親の顔すら見れなくなった。
中学、高校では校内で誰一人知らない人がいない落ちこぼれ。
大学生の時は、周囲に迷惑をかけながら生きるダメ人間。
専門学校時代の実習では、設立以来の最低の成績で実習を終える。
その後、奇跡的に理学療法士に合格し、人生が変わった。

2011年からセミナー教育を開始し、38歳で独立。
年間受講者数は約1万人、 業界一のセミナー数と、超一流の講師陣が集まるセラピストフォーライフの会長として、セラピスト教育の新しい形を目指し、全力で活動中!

<メッセージ>

セラピストの皆さんには、もっと成功体験を積んでいただきたいと思っています。

成功体験は自然とやる気を生み出します。

それがさらなる成功体験を生み、仕事が楽しくなり、人の役に立てているやりがい、生きがいを感じられるようになります。

結果としてクライアントの笑顔につながります。


だからアスキャンでは、実践と成功体験をキーワードにしています。

私が一番皆さんに求めることは「人の役に立つ喜びを感じながら、楽しく生きて欲しい」ということです。


そして何より、皆さんの役に立てている実感が、いまの私を幸せにしてくれています。

いつも支えてくださっている皆さんに感謝しています!!

副会長:

齊藤洋輔(さいとうようすけ)

理学療法士
一般社団法人セラピストフォーライフ副会長
日本オステオパシックマニュアルセラピー協会代表
アワセラ世話人

<ストーリー>

1985年徳島県生まれ、37歳。臨床14年目。
学生時代のバスケットの試合中にACLを断裂し、その際に経験したリハビリをきっかけに理学療法士の道を目指しました。

新人時代、患者さんを改善させられない不安やプレッシャー、何より患者さんに申し訳ないという念に押しつぶされ、始業開始前には動悸やめまいが出るまでに追い込まれていました。

そんな自分を救ってくれたのが、講習会でした。

講習会が一人のセラピスト人生を好転させるきっかけになることに大きな可能性を感じ、気づけば自身が講師として伝える立場となり、現在はそんな講習会を一人でも多くのセラピストに届ける仕事をしています。

<メッセージ>

「このへんがプラトーだろう」
「あの人だから出来るんだよ、私には無理」
「いくらやったって変わらないし、こんなもんだろう」

臨床場面でこのように思ったことはありませんか?

講習会は、自身の枠組みを取っ払い、このような思い込みを無くし、セラピストの可能性を広げられる場所です!

セラピストがあきらめてしまったら、そこで試合終了です!


私たちは、一人でも多くのセラピストが成長するため、そして、みなさんの成長を待っている患者さんたちのためにも、全力でみなさんをサポートします。

みなさんにお会いできる日を楽しみにしています!
一緒に頑張りましょう!!

〜All for the growth of therapists and the smiles of patients〜
すべてはセラピストの成長と患者さんの笑顔のために